本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

33

0

        
販売終了 配信終了

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • 歯科衛生士が気づく酸蝕症(Web)テキスト.pdf(19.16 MB) 

この動画を視聴するには

この動画は2022年05月01日 00時00分に販売終了しました。

購入済の方は、ログインすると視聴できます

カテゴリ

【アーカイブ配信】歯科衛生士が気付く酸蝕症セミナー

講 師  小野 綾菜(講師紹介はこちら
時 間 1時間42分13秒
※テキスト付き(PDF)「関連ファイルをダウンロード」より取得いただけます。
※当コンテンツは2022年1月16日に開催したセミナーを編集したものです。質疑応答は割愛しています。
 
・酸蝕症って?
・う蝕との違いは?
・予防方法はあるの?
・生活習慣アンケートを用いたインタビューのポイント
・酸蝕症を経過観察するために必要な口腔内写真の撮影ポイント
・酸蝕症の患者さんへのOHI
 
 
私たち歯科衛生士は日々多くの患者さんと接しながら、歯の喪失原因となる2大疾患であるう蝕と歯周疾患への対応を行なっています。
しかし近年、う蝕と歯周疾患以外にも歯の喪失に関与する第3の歯科疾患としてtoothwear、そのなかでも酸蝕症が注目され、専門誌でも多く取り上げられています。
酸蝕症に関する情報は一般の方には十分に浸透しておらず、健康志向が高い人ほど酸蝕症の影響を受けていることを、実感することも少なくありません。
本セミナーではメインテナンスを担当する歯科衛生士だからこそ、見逃すことのできない酸蝕症の特徴、早期に気づくための観察ポイントをお伝えします。さらに、実際に経験した症例を供覧しながら、患者さんとのやり取りやエピソードを織り交ぜ解説を加えます。
 
 
※本コンテンツの掲載期間は2022年4月末までを予定しています。予告なく掲載を修了することがございますのでご了承ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
キャンセルについて
商品の性質上返品対応は行っておりませんが、会員期間中の1/2以上の期間において、当社の不備が原因で当サイトの閲覧が不能となった場合において、返品対応をいたします。不良時の対応における通信費はお客様負担となります。

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる